最近は1クールに1つは弁護士のドラマがあるような感じですが、
今回も「99.9-刑事専門弁護士ー」という松本潤さん主演のドラマが放送されています。
http://www.tbs.co.jp/999tbs/

弁護士系のドラマはあまり観ないという弁護士さんもおられますが、自分は結構観る方で、
最近のものですと、リーガルハイは大好きですし、弁護士に憧れたのも、織田裕二さん主演の
「正義は勝つ」というドラマが最初でした。
ちなみに、検事をモチーフにしたものですが、「HERO」も好きです。

冒頭のドラマの話に戻りますが、僕も刑事事件は扱っていますが、年間10件程度で、
その多くは国選弁護人です(経済的に余裕がない人のために国が選任するもの)。
富山県内の弁護士の多くはだいたいそんな感じで、刑事専門弁護士という方は聞いたことがありません。

ドラマの99.9というのは、有罪率が99.9%と言われる中で、0.1%の無罪を取りに行くという意味ですが、
実はその0.1%である無罪判決を、生で聞いたことがあります。

それは自分が弁護士1年目のイソ弁(居候弁護士の略。要するに雇われ弁護士)の頃に、
当時所属していた事務所の所長である山本毅先生が勝ち取られたものです。

有罪判決の場合、被告人「を」懲役○年に処すると告げるのですが、無罪判決の場合、被告人「は」無罪と告げるため、
「被告人は」と聞いた時点で、無罪判決が出ると分かり、鳥肌が立ちました(法曹関係者の中でも希少な経験です)。
この事件は被告人が外国人ということもあり、打ち合わせなどで大変ご苦労されたと思いますが、それが報われた瞬間でした。
その後、検察が控訴することなく、無罪が確定しました。

刑事事件の多くは自白事件と言って、有罪・無罪を争うことなく、被告人も起訴事実を認めている事件のため、
被害者に謝罪や弁償をしたり、適切な監督者を探して、刑を軽くすることが活動の中心であり、
そういう活動もやりがいがありますし、結構得意にはしていますが(自分で言うのもなんですが)、
いつかは有罪・無罪を争う事件を担当して、弁護士をやっている間に、一度は無罪判決をとりたいと思っています。