通常、弁護士の知り合いはほとんどいないと思うので、いざ弁護士に相談しようと思ったときに、
誰に頼んでいいかとか、どの弁護士が良いかわからないということがあると思います。

しかし、個人の主観で言わせてもらうと、その問題に正解はありません。
弁護士と言っても普通の人間ですので、それぞれに個性があり、相談者との相性もあります。
厳しい結果が見えている案件に対しては厳しいと告げるのが本来の優しさだと思うのですが、
それに対して「冷たい」「力になってくれない」と評価されてしまうこともあります。

また、弁護士の費用はだいたい同じだと思われるかもしれませんが、実際には結構差があります。
高ければそのぶん良い仕事をしてくれれば良いのですが、高いだけで仕事がいい加減な場合もありますし、
必要以上に安い場合には、そのぶん弁護士は経営のために数をこなさないといけないので、
仕事が雑になる危険もあります。
反対に、安いけど良い仕事をしてくれる場合だってあります。

したがって、結局どの弁護士が良いかは、直接話をしてみて決めるのが一番です。
例えば家を建てようと思ったら、いろいろ住宅メーカーを回って見積もりを取って決めるように、
結婚式を挙げようと思ったら、いろいろ式場を見てまわるように、
弁護士事務所もいろいろ回って、話を聞いてから決めれば良いのです。

弁護士に相談するというのは一大事ですから、そこを面倒くさがってはいけません。
しっかり話を聞いてもらって、事件の客観的な見通しやそれにかかる費用・労力の説明を聞いて納得して
初めて依頼すればいいのです。

他の弁護士にも相談してみると告げてみて、それを嫌がる弁護士は、事件の見通しに自信がないか、
費用が他と比べて高い可能性があるので、依頼しない方が良いと思います。